心のお医者さんに行こう

心身ともにリラックスできる空間!うつ病の可能性があります

抱え込む前に

診察室

近代のストレス社会で嫌なことが多いとうつになりがちになる人も多いでしょう。今、日本には生活や仕事について悩んでいる人が沢山います。気持ちの浮き沈みが激しかったり、やる気が出ないなど感じるのならば、うつ病の可能性があります。うつ病は軽度のものから重度のものまであり、自覚をしていない人もいます。うつ病が発症してしまうのは体調の不調からと言われています。うつ病の初期段階で挙げられるのはよく眠れない、早く目が覚める、などがあり自律神経の不調によって睡眠障害が起こしてしまうことです。他にも自律神経の乱れによって様々なことが多くあります。軽度のうつ病ならば、セルフケアでも十分に対応できますが重度のうつ病にならないように病院で見てもらうのもいいでしょう。生活習慣を規則正しいものにすれば、自律神経の乱れも改善することができます。不眠症に悩んでいるのならばアルコールは控える方がいいです。アルコールは依存症を引き起こしてうつ病を悪化させてしまう原因になりかねません。医療機関で行われる、うつ病の対策は抗うつ薬を処方する薬物療法とうつ病にならないように自信をコントロールする訓練の認知行動療法が挙げられます。うつ病は自動的に起こり、変化することから気分のコントロールができません。楽しいことが起こればハイテンションになって子供のようにはしゃぐこともあれば、何か嫌なことが起これば不安や暗い感情で悪い気分になります。そういったうつ病もあれば、いいことがあってうつうつとした気分になってしまううつ病もあります。こういったうつ病は日常生活でも思考の停止や意欲の停止など悪い影響を及ぼします。日常生活に異常を感じさせない為にも、一度は検査して見ましょう。

うつ病は気分の浮き沈みややる気が出ないなどの一時的な症状ではなく、脳の機能低下が引き起こすものです。うつ病は脳の神経伝達物質のセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどが大きく関係していると言われています。神経伝達物質は脳や体の機能をコントロールしているもので心のバランスを上手く保つために働いています。ストレスによって神経伝達物質は分泌する量が減少します。神経伝達物質が減ることによってその結果うつ病になります。近年のストレス社会ではストレスを軽減することは難しいものです。うつ病になる多くの人は仕事や恋愛などの人間関係にストレスを抱え込んでいる人が大半です。自身のストレスの要因を理解しているだけでも、うつ病の対処法になります。ストレスの原因を自身から遠ざけるようにしましょう。また、しっかりと心身ともにリラックスできる空間で過ごすことが大切です。そうすることでうつ病の予防、改善に繋がることでしょう。もしも、ストレスの原因が一つだけでなく、様々な原因が絡まっているのであれば病院やカウンセリングを受ける必要があります。

うつ病の種類

うつ病の多くは心のストレスによって引き起こされるものです。うつ病にも多くの種類があり、それぞれ特徴があります。自信に思い当たることがあれば、病院やカウンセリングで相談しましょう。

食生活を見直して

うつ病を自身で改善したいと思うのならば、運動することや食生活を見直してみましょう。うつ病にはビタミンBを多く摂取するといいでしょう。また食事の組み合わせを考えることでより効果的に改善することができます。

復職するために

うつ病は誰にでもなる可能性を持っています。近年のパワハラ、セクハラ問題によって多くの人がうつになり休職や退職に追い込まれています。うつ病を治療して復職するためにしっかりプランを決めましょう。