女の人

心身ともにリラックスできる空間!うつ病の可能性があります

うつ病の種類

女医

今ではストレス社会に伴い、うつ病を抱え込んでいる人が大勢います。うつ病は仕事や恋愛などの人間関係が原因でなる人が多いです。心にストレスを抱え込むことで周りとの接触を断ち、誰にも相談できずにうつ病になってしまうケースが一般的です。しかし、そんなうつ病にも症状の種類や程度も様々です。うつ病と言えば長期間気分が落ち込んでいる症状なのが想像できます。ですが、双極性障害はうつ病の中でもうつ状態が続かないもので見分けるのが難しい症状です。双極性障害は嬉しいことがあれば、テンションが高くなったり、高揚感を覚えたり普通の人と変わらないように見えます。しかし、調子のいい日もあれば、うつ症状を感じるぐらいの意欲の低下が確認できる日もあります。人間ですから気分の浮き沈みややる気が出ないはあるのではないかと思う方も多いでしょう。そのため、双極性障害は診断が難しいと言われています。双極性障害には二種類あり、1型や2型がありそれぞれに特徴があります。1型には躁状態と呼ばれている症状が見られます。躁状態は気分が高揚していてとても興奮している状態を言います。躁状態になると睡眠を行わず、一日中活動をすることがあります。活力的で新しいことにもどんどん挑戦していきますが、結局躁状態が続かず集中力がなくなって失敗してしまうこともあります。気分の高揚によって物を破壊したり、外でモラルのない行動をとってしまったりしてしまいがちです。またイライラすることで沢山の問題を起こしてしまいますが本人には自覚症状がないことが多いです。1型の症状は自覚がないため危険があります。事件に発展して社会信用だけでなく、家庭や仕事を失ってしまうかもしれません。また2型に見られる軽躁状態も自覚がないのでとても危険です。双極性障害の躁状態を少しでも感じるのならば、病院で検査してもらいましょう。

心のストレスによって、うつ病になる人が増えています。現代のストレス社会では嫌なことを回避することは難しいでしょう。様々なストレスによって引き起こされるうつ病はそれぞれの特徴があります。気分変調性障害は普通の人より落ち込んでしまったり、自身が起こすことに何の自信も持てなかったりしてしまうことが特徴です。ただのネガティブやマイナス思考で語られることも多いですが、気分変調性障害の可能性があります。気分変調性障害は軽度の抑うつ症状が長い時間をかけてなることが多く、性格の問題として治療を行わないことが少なかったです。しかし、現代では他のうつ病と同じように治療を受けれることから気分変調性障害を改善できたケースも多くあります。気分変調性障害は女性に特に多いうつ病で、治療を行わず放置していると摂食障害やパニック障害を起こす危険性もあるので治療を行いましょう。